FXの勝率が上がる?「ボリンジャーバンド」の基本と見方

ボリンジャーバンドでFXを読み解く

PICK UP!

ボリンジャーバンドを学ぼう

ボリンジャーバンド7本の線が平行の場合、相場はレンジ相場と判断できます。 FXの場合トレンドよりレンジの時間の方が多くなりますので、レンジ相場の取引も重要になります。 ここではレンジ相場でのポジションの持ち方、リカク、損切りの方法を皆さんと考えていきたいと思います。

PICK UP!

トレンド相場でのポジション取り

ボリンジャーバンド7本の線に傾きがある場合、相場はトレンド相場と判断できます。 FXで損小利大を達成する場合トレンド相場の取引が重要になります。 ここではトレンド相場でのポジションの持ち方、リカク、損切りの方法を皆さんと考えていきたいと思います。

レンジ相場でのポジション取り

ボリンジャーバンドは、統計学の標準偏差の考え方を元にジョン・ボリンジャーという方が発案したインジケータです。

移動平均線の上下に、同期間の標準偏差ラインを加えたもので、式で表すと、「ボリンジャーバンド=移動平均プラスマイナス標準偏差」となります。

そして、
バンドのプラスマイナス1シグマの範囲内に収まる確率は約68.3%
バンドのプラスマイナス2シグマの範囲内に収まる確率は約95.4%
バンドのプラスマイナス3シグマの範囲内に収まる確率は約99.7%
と言われています。

以上、なんだか難しそうですね。
でも、チャートに表示させてみると感覚的にイメージ出来て、ボリンジャーバンドが何を表しているかを掴めると思います。

また、先ほど説明したようにボリンジャーバンドの基本は移動平均線です。
ですから、ビギナーの方はまず移動平均線を学んでから、ボリンジャーバンドに取り組まれた方がよいと思います。
ここでは移動平均線の解説は割愛させて頂きます。

次に、ボリンジャーバンドで注目すべきポイントを押さえていきましょう。

表示されている+3シグマから-3シグマまでの7本の線がほぼ平行か?傾いているか?
平行であれば、今はレンジ相場となりますし、傾いていればそれぞれのトレンド相場となります。

次に3シグマから-3シグマの幅はどのくらいか?
概ね20pips以下が狭い、50pips以上を広いと判断してよいのではないでしょうか。
この幅はボラリティーと比例しています。

この後、ボリンジャーバンドで、この2点をどうやって判断し、ポジションをとり、決済するかを考えていきたいと思います。

なお相場解説の例は5分足での取引を前提にでさせて頂いております。
相場観の精度を上げるために1時間足も参考にしています。

またボリバンではこの2点以外での優位性がはっきり存在する場合もあります。
最後にこれをご紹介したいと思います。

ボリンジャーバンドのその他の特徴を考えてみましょう

ボリンジャーバンドは通常3シグマまでの表示が一般的ですが、4シグマまで表示してみましょう。 4シグマまでとなるとかなり特殊な状況になりますが、そういう時に優位性を築ければ勝ちパターンの一つが増える事になります。 また、RCI3本線も紹介させて頂きます。 ボリバンと相性が良いですから研究してみて下さい。

TOPへ戻る